XEMarketsで口座開設

XEMarketsを実際に体験するために、口座を開設してみました。実際に使ってみないと、分からないことはたくさんありますからね。

開設したのは、一番金額が少ないマイクロ口座と呼ばれるものです。他にもスタンダード口座とエグゼクティブ口座がありますが、ほとんどの個人投資家は、マイクロ口座で十分でしょう。

開設の手続きはとても簡単で、特別な問題がなければ5分もあれば十分です。Web上で必要事項を入力していきますが、その内容もごく一般的なものだけでした。もちろんすべて日本語です。

登録が終わるとXEMarketsから、取引ツールのMT4のダウンロード先とパスワードなどが、メールで届きます。MT4クライアントのダウンロードは、なんの問題もなくできました。そして入金の手続きをしたのですが、クレジットカードでの入金は、リアルタイムで反映されたのは、とても便利なところでした。

これで取引を始める体制が整ったはずだったのですが、まだポジションは取れません。システム設定などに多少の時間がかかるのかと思い、1時間ほど待ったのですが、それでも取引可能にならない(レートの部分がグレーアウトしている)ので、XMの評判がなぜいいか、そこのライブチャットで問い合わせてみるとよくわかります。

詳細は省きますが、操作上の問題だったことが判明。言われたとおりに操作すると、取引が可能になりました。ライブチャットでの問い合わせは、正直に言って便利です。そしてXEMarketsのライブチャットの対応は、とても親切で分かりやすい印象でした。

そして実際に取引を初めて見ましたが、マイクロ口座の場合は、取引通貨単位が1lot=1,000通貨になっています。

ちなみにスタンダード口座では1lot=100,000通貨になっています。つまり一般的なランキングをしてみても、小さな額から取引ができるようになっているのです。この通貨単位なら1万円でも、しばらくは楽しむことができます。初心者の練習には、調度良いのではないでしょうか。

そして口座に、ボーナスが反映されていなかったことも、ライブチャットで問い合わせましたが、ボーナスは反映されるまでに1日程度かかるとのことでした。

XEMarketsの約定のスピードは、私が試したなかでは2秒弱くらいと、特に問題のないレベルでした。

リクオートも実際にありませんし、安心して取引でる環境だと思います。実はこのサーバーの強さと言うのはバイナリーオプションで稼ぐさいにすごく大事な要素なんですね。勝てるときに勝つという単純なことのように聞こえることが、実際の取引ではできないとなると問題ですからね。

XEMarketsは、これまでに経験した他の業者と比較しても、サポートが丁寧だったのが、とても印象的です。サポートが良い業者は、たいてい他の面でも良い業者のことが多いと思います。