投資というと、一般的には株式投資を連想する人が多いかもしれません。しかし、とりあえず投資の世界を体験してみたいという場合はFXの方がメリットがあったりもします。

FX取引とは為替相場を使った投資方法です。

ちょっと調べるとFXはリスクが高いとか、ゼロサムで資金がなくなってしまいやすいとか書かれていることがあります。

確かにそういった一面があったりしますが、バイナリーオプションなどもそうですがそもそも投資自体がリスクを伴うものです。リターンがあればリスクがあるというのは当然のことです。


ではFXのどこにリスクがあるのでしょうか。

リスクがどこにあるのかわかっていれば、リスクを抑えてとうしすることができるのがFXです。

為替相場は通常、大きくハイローのどちらかに動いても値動き的には数%にみたないことがほとんどです。

そのため、普通に資金を投資しても利益は少なく、投資のうまみがありません。

そのため、FXではレバレッジを使って実際の資金よりも大きな金額を動かすことで利益を大きくすることができます。

レバレッジとは自分の資金の何倍の金額を動かすことができるかという倍率のことです。レバレッジが高いと実際に動かす金額が高くなるのでハイリスク、ハイリターンになります。

逆に低ければローリスク、ローリターンとなります。これがFXが投資の初心者に向いているといった理由です。ただこのような取引テクニックに向いていないと言う方は24 optionのようなところでバイナリー取引という選択もあります。

株式投資のように決まった額面というのがないので、自分でリスクを選択できるのです。当然、FXをはじめるときはローリスクローリターンからはじめるのがいいですね。

なので、なるべく低レバレッジではじめられるところを選ぶとよいでしょう。


FXはもう1つリスクと関係する重要なポイントがあります。それは指標です。

指標には様々なものがありますが、簡単にいうと、各国の中央銀行などが景気の先行きや雇用統計を発表したりといったタイミングのことです。

為替相場はこのタイミングで大きく値動きします。

このタイミングで取引をおこなうと大きなリターンがある場合もありますが、かなりのリスクを負う危険もあります。

指標のタイミングは事前に為替のニュースなどに目を通しておくとスケジュールが発表されています。

こういったタイミングでは取引をしないというのがリスクを避けるもう1つのポイントとなります。

FXはリスクマネジメントを自分ですることができます。

FXをはじめる場合は低レバレッジでまずはしっかりとリスクマネジメントを勉強してみると、他の投資へもその経験が生かせてるようになります。

XEマーケットは海外FXの中でも優秀な企業とされています。